コザ橘塾

1.コザ橘塾とは

 本校では、生徒の進路観を育て、進路実現を図る一助を目的として、総合的な学習の時間のカリキュラム内に 『コザ橘塾』を行っております。コザ橘塾では、県内外で様々な分野で活動している諸先輩方を呼び、本校生徒に 仕事の内容、その仕事に就くきっかけ、実際の仕事で起こる諸問題、これから目指す人へのアドバイス等を講話して いただきます。講師の所属先及び役職は以下の通りです。

琉球銀行具志川支店支店長嘉手納空軍基地人事部職制課課長
元沖縄署署長、県警刑事部長那覇日経ビジネス専門学校 学校長
(株)かりさら代表取締役税務署職員
沖国大野球部監督翔南病院
デイゴホテル社長沖縄歯科衛生士学校専任講師
元沖縄県立埋蔵文化センター所長フォトグラファー
沖縄美ら海水族館管理運営潮平病院 理学療法士
沖縄市消防本部長シンガーソングライター
やんばるエコツーリズム研究所代表たから産婦人科助産師
アナウンサー・ラジオ沖縄資生堂沖縄支社 企画部
沖縄国際大学教授おきなわ証券取締役会長
沖縄市役所(株)川畑自動車学校代表取締役
沖縄リウコムプロジクトマネージャー 舞踊家(豊舞会家元)
アマチュアボクシング連盟会長ちんだみ三線店経営 三線制作業
子供の国園長理学療法士
沖縄タイムス広告局新聞販売業
琉球大学付属病院放射線科

平成25年度コザ橘塾実施要項(PDF)

2.生徒の感想(一部抜粋)

  ● アナウンサーはTVの中でいつもきらきら笑顔でとても華やかな世界だと思っていまし
   たが、実は裏では本当に努力を惜しまず、常に競争し合って自分を高めていく世界だ
   とわかりました。
  ● どんな職業に就くにしても努力は必要なことだし、努力したことによって必ず自分に
   返ってくる(本気の努力は嘘をつかない)と気づかされました。
  ● 「若い時はやり直しがきく!!あきらめちゃあかん」のことばが心に響きました。
  ● 「今やるべきことを頑張って、乗り越えれば、選択肢がもっと増える」今の私たちに
   必要だと感じました。
  ● 就職することについて学び、沖縄と内地の違いについて学び、"行動する"、"行動を
   変える"というキーワードとヒントを与えていただいて、自分が就職するときの支えに
   しようと思いました。
  ● 「どのように行動すれば、どのように考えれば思うようになるのか。」このことを常
   に意識して、これからもっと経済に耳を傾けていきたい。奥が深い"経済"、もっと良
   く知りたくなりました。
  ● 最近、企業は「コミュニケーション能力」を持っている人を求めているので、それを
   身につけるにはどうすればよいかたくさん考えるきっかけになりました。